Landscaper

no title

b0164292_22104770.jpg


さすらう波に込める想い
たとえそれが繰り返す戸惑いであってもそう

気まぐれに風に流されて
風見鶏の向くほうへ車走らす
その轍はまだ見ぬ一片の夢であろう

秋の夜長に惜しまぬ星々
ずっと遠くで光るその最高部
つかみ取る手はいつだって
人知れず腰泥む君のそばにあるんだね

繋がりの中でつかの間の休息を


雰囲気さえ伝わってくれればと思います(笑)
[PR]
by okyou1214 | 2009-11-13 23:20 | 人物